鹿児島リース株式会社 鹿児島銀行グループ

リースとは!

What is Lease!

リースとはどういうもの?

「所有」より「使用」することに重点を置いた設備投資の方法です。

リースとは、企業が設備を導入する場合に、自社で購入[所有]するのではなく、リース会社が購入した物件を賃借[使用]するシステムです。
借主(ユーザー)の希望する動産(物件)を、貸主(リース会社)がユーザーに代わって購入し、リース会社は比較的長期にわたってユーザーにその物件を貸与(リース)し、その期間中ユーザーは、リース料として一定の賃借料をリース会社に支払うと言うものです。
これは、自己資金に頼らない新しい設備調達手段と言え、経営の効率化を推進する方法として広く活用されています。

わが国にリースが導入されたのは、昭和38年ですが、以来わが国経済の発展に伴って急速に定着し、平成29年度は設備投資の5.35%を占め、契約額は4兆8,759億円となっています。
リース事業協会の調査によりますと、約9割の企業が何らかの形でリースを利用しています。
このように最近では企業経営上、設備投資の主要な一手法となっています。

リースとは