鹿児島リース株式会社 鹿児島銀行グループ
Home 会社案内. 本社・営業所マップ * *
コンテンツメニュー
リースとは
リースのメリット
リースの仕組み
リース契約の手順
リースアップとは?
カーリース
動産総合保険について
ユーザー様ご紹介
 
リースのこと早分かり!
PDFでご覧頂けます!
 
関連サイトリンク
株式会社鹿児島銀行
鹿児島銀行鹿児島銀行のサイトへリンクします。
株式会社鹿児島カード
株式会社鹿児島カード▼鹿児島カードのサイトへリンクします。
株式会社九州経済研究所
KER 鹿児島経済研究所▼九州経済研究所のサイトへリンクします。
■個人情報等の機密文書処分は
九州共同株式会社
▼九州共同のサイトへリンクします。
鹿児島共同倉庫
 
 
*
リースの仕組み
*
 
リースの仕組み
リースの仕組み
1.リース物件
産業機械、事務機器、医療機器、商業設備、建設機械、自動車などあらゆる機械・設備(動産)が対象になります。
2.リースお申込み
ご希望の機械・設備についてメーカーまたはディーラーとの間で機種・銘柄・仕様・価格等を決めていただき「鹿児島リース」へお申込みください。
3.リース契約とリース物件の納入
あらゆるメーカーの製品がリースの対象となります。物件が決まりましたら、当社が発注購入し、メーカー又は、ディーラーから直接お客様の指定場所への納入いたします。
4.リース期間
物件に適用される法定耐用年数によって異なります。物件の種類や用途により経済耐用年数を考慮してご検討いただくこととなります。
なおリース期間中の中途解約は原則としてできません。
法定耐用年数10年未満の物件は、その期間の7割以上で、法定耐用年数10年以上の物件はその期間の6割以上で決めていただきます。また、税務通達で決められている最短リース期間は次の通りです。
                                (年)
法定耐用年数 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
最短リース期間 2 3 4 5 6 7 8 9
5.リース料
物件の引渡し(検収)と同時に初回のリース料および場合によっては前払いリース料を現金で支払っていただき、第2回目以降は、原則として均等額を預金口座振替でお支払いいただきます。
6.固定資産税と損害保険
原則として全ての物件に、リース期間を通して動産総合保険を付保しています。なお保険料や固定資産税の申告と納付などの一切の手続きは当社が行いお手をわずらわすことはありません。
7.保守・アフターサービス
保守契約を要する(除メンテナンス・リース)場合は、お客様とメーカー・ディーラーとの間で直接保守契約を結んでいただきます。
8.リース期間の満了
リース物件を引き続きご使用(再リース)いただくか、物件を返却されるかをお決めください。再リース料は年間のリース料の10分の1とお安くなっております。
9.留意事項
リース期間は原則として中途解約はできません。リース期間中に生じる物件の維持管理についての費用はメンテナンスリース(カーリース関係)以外はお客様でご負担いただきます。

 

*
このサイトのご利用にあたって個人情報保護宣言個人情報の利用目的について
〒892-0844 鹿児島県鹿児島市山之口町1-10  鹿児島中央ビル6F
TEL099-225-2455 FAX099-225-2125
 
© Copyright 2005,The Kagoshima Lease Co.,Ltd. ▲ ページTOPへ
*